FXは1000通貨単位からの取引が便利

FXの通貨ペアによる取引は従来から1万通貨単位が基本となってきました。これはドル円でいえばほぼ4万円前後の証拠金を必要とするものですから10万円程度の証拠金総額ではかなり厳しい軍資金であり、やはり40万から100万程度差し入れないと自由な取引ができる状態とは言えないものでした。しかし、最近では、1000通貨単位から取引を可能にしている業者が増えたため、総額10万円程度からでも十分に投資を始められるようになり、参入障壁がかなり低くなってきているのです。金額は小さくてもFXならではの取引状況はすべてリアルに経験することができますし、セオリーどおりに投資を行えば応分の利益も確保できますので、こうした小額から投資ができる機会が設けられたことは初心者にとっては非常に入りやすい環境が作られたといっていい状況となっているのです。

1000通貨からはじめられれば、総額10万円の証拠金でも十分に機能することになりますので、万が一損失を出してしまっても、ちょっと高い授業料ということで、納得のいくレベルの初期投資金額となるわけです。もちろん、こうした投資にはシュミレーションでデモ口座で取引練習をしてみるという方法もあるのですが、やはり小額とはいえ本番環境でリアルに証拠金を差し入れて売買を行ってみるのは、緊張感がまるで異なりますし、デモトレードではわからなかったことが沢山経験できるようになり、大きなノウハウを得ることができるようになるのです。そのためにも小額でもいいので、実際に投資を始めることがとても重要なのです。実際に為替の証拠金取引をしはじめてみますと、本当に様々なことが起こりますし、想定していなかったことに遭遇することも非常に多くなります。こうした経験を多数積んでいくことが成功への着実な一歩となるのです。最近ではドル円のみならず、他の主要通貨ペアでも1000通貨による取引を可能にしている業者が非常に増えていますので、こうした業者をうまく利用することがお勧めとなります。

ページのトップへ戻る